0120-010-018
  • お問い合わせ
  • 資料ダウンロード

【従業員満足度アップ】コロナ禍に社食を導入するならオフィスコンビニがおすすめ!

【従業員満足度アップ】コロナ禍に社食を導入するならオフィスコンビニがおすすめ!

従業員は企業にとって大切な戦力であり人財です。だからこそ、感染症や生活習慣病などからきちんと守りたいですよね。
企業が従業員に提供する福利厚生は複数ありますが、中でも食事は体をつくる役割があるため選び方がとても重要です。できるだけコストを抑えて安全かつ満足度の高い社食の導入を検討しているなら、おすすめはオフィスコンビニです。
今回は、コロナ禍でも従業員が安心して昼食を摂ることができるオフィスコンビニについてご案内いたします。

社員食堂の導入によって得られるもの

導入にあたって、まずは社員食堂のメリットを押さえておきましょう。社員食堂の特徴をはじめ企業側のメリット、従業員側のメリットをそれぞれ解説します。

  • 社員食堂の特徴
  • 社員食堂とは、文字通りオフィス内にある従業員向けの食堂のこと。 従来、企業における「福利厚生」のひとつとして、オフィスに設置されていた食堂施設を「社員食堂」と呼んでいました。昔はオフィスの近くに飲食店がなかったため、従業員向けに食堂を作る必要があったのです。
    今では、ビュッフェ形式を取り入れたり、オフィスで一番景色の良い場所に食堂を設けたりと様々なスタイルが取り入れられています。またコミュニケーションも活性化することから、「新たなビジネスアイデアが生まれる場所」として社員食堂を重宝する企業も多いです。


  • 社員食堂を導入することで企業側が得られるもの
  • 社食導入によって企業側が得られるメリットは以下の通りです。
    ○従業員満足度が向上する
    ○企業のブランディングにつながる
    ○社内コミュニケーションが活性化する
    社員食堂は「わざわざ外に食べに行かなくていい」「お弁当を作るのが面倒」といった従業員にとって嬉しい存在です。株式会社ネオマーケティングの調査によると、社員食堂を利用する社員の約55%以上が「満足」と回答。社食導入は従業員満足度向上に大きく貢献していることがわかります。
    参考:株式会社ネオマーケティング「社員食堂に関する調査

    また社食導入によって、世間から「社員食堂がある会社」として認知されます。するとブランド価値が高まり、採用活動にも良い影響を与えるでしょう。
    さらにオフィス内で食事を摂るため、社内コミュニケーション活性化にもつながります。堅苦しいデスクではなく、開放的な空間でリラックスした状態で話すことで、新たなビジネスアイデアが生まれるきっかけとなるのです。


  • 社員食堂を導入することで従業員側が得られるもの
  • 社食導入によって従業員側が得られるメリットは以下の通りです。
    〇食費を抑えられる
    〇昼の時間を効率的に使える
    〇栄養バランスの整った食事が摂れる
    社員食堂は多くの場合、一般的な店舗の価格よりも安くメニューを提供しています。経済情勢が厳しくなりつつある昨今、「節約したい」と思う従業員にとっては嬉しいサービスです。
    また、仕事の合間にそのままオフィスで食事が摂れるため、外食のような「待ち時間」は削減できます。移動時間もないため、昼休憩の時間を効率的に使えるようになるでしょう。
    栄養バランスの整った食事が摂れるのも大きなメリット。カロリーオーバーや塩分過多になりにくく、健康的な生活スタイルに貢献してくれます。

    社員食堂を導入する際に検討する項目

    様々なメリットがある社員食堂。
    しかし社食導入には、いくつかの「障壁」が存在します。
    特に検討しておきたいポイントは以下の通りです。

  • コスト
  • もっとも大きな障壁は「コスト面」です。社員食堂を導入するといっても、設備費や人件費、食材費など様々なコストが発生します。そのため、予算内で費用対効果を最大化できるような工夫が必要です。

  • スペースの確保
  • 次に難しいのが「スペースの確保」です。そもそもオフィスが広くなければ、従業員や調理スタッフが集まれるスペースを確保できません。中小企業にとっては大きな障壁となるでしょう。

  • 営業時間の決定
  • 営業時間も検討すべきポイントです。社員食堂は多くの場合「ランチタイム」に限定されます。しかし仕事内容によっては、ランチタイムに時間を取れない従業員もいるはず。そのため、どのくらいの従業員が、どの時間帯に社員食堂を利用するのか把握しておくことが大切です。

  • メニュー
  • 社員食堂では「メニュー」も重要です。毎日利用する従業員もいるため、メニューを固定化すると「マンネリ化」を招いてしまいます。そのため委託先と契約内容を確認しつつ、「日替わり定食」を導入するなどの工夫が大切です。

  • 感染症対策
  • 新型コロナウイルスが依然収束しない昨今。社員食堂においても「感染症対策」は重要なポイントです。テーブルの間隔を空ける、イスを対面しないように配置にする、利用後のテーブル消毒を徹底する、などできる限りの感染症対策を講じましょう。

    オフィスコンビニの導入で「安い・おいしい・安全」を叶えませんか

    「オフィスに食堂を作るのは現実的に難しい」という企業も少なくないはず。そういった場合は、「社食サービス」がおすすめです。
    社食サービスには、オフィス内の冷凍庫や棚に食品を並べる「置き型」と、業者が宅配してくれる「宅配型」の2種類があります。中でもおすすめしたいのが「置き型」の社食です。その魅力について解説します。

  • 省スペースでも導入できる
  • オフィスコンビニには、温めるだけで食べられるお惣菜や簡単なサラダなど、手軽に食べられるものがメインです。そのため冷凍庫と電子レンジのスペースだけ確保しておけば、すぐにサービスを導入できます。

  • 導入/運営コストがかかりにくい
  • 導入・運営コストが低いのも大きな魅力です。安いものでは月30,000円程度から利用でき、多くの予算を投入できない場合でも安心です。

  • メニューが豊富
  • メニューが豊富なのも魅力的です。お惣菜はもちろんパスタやピラフ、ハンバーガー、焼売、スイーツまで多種多様なメニューが揃います。従業員も飽きないため、満足度向上にもつながるでしょう。

  • 感染症対策がしやすい
  • オフィスコンビニでは、従業員自身が好きなタイミングで好きな物を冷凍庫から取り出して食べることができます。自席で食べることで人との接触機会が削減され、感染症対策にも役立つのです。また、オフィス内で食事を済ませられるため、感染リスクのある外食の機会も減らすことができます。

  • 福利厚生としての人気が高い
  • オフィスコンビニは、企業の福利厚生として人気を集めています。従業員にとって「食費」は大きな出費です。そこで「食事補助」としてオフィスコンビニを導入することで、従業員の満足度向上につながります。コストや大がかりなスペースも必要ないため、費用対効果の高い福利厚生といえるでしょう。


    今回は、社食導入のメリットや検討すべきポイントについてお伝えしました。
    社員食堂は便利ですが、「コストやスペース的に厳しい」という企業も多いはず。
    そういった場合は、オフィスコンビニ「オフィスプレミアムフローズン」がおすすめです。冷凍庫や電子レンジの設置から消耗品の補充まですべて担当スタッフが対応してくれます。
    社食導入に悩んでいるなら、この機会にぜひ試してみてください。


    (Visited 128 times, 1 visits today)
    オフィスプレミアムフローズンサービスについてはこちら 記事一覧に戻る

    オフィスプレミアムフローズンは健康的で安心・安全な食事を常備する法人向けサービスです。
    大切な従業員への福利厚生・会社の食事補助制度としてご活用ください。

    お問い合わせ 資料ダウンロード
    0120-010-018
    受付時間 9:00〜17:00(土•日及び夏期休暇•年末年始を除く)