0120-010-018
  • お問い合わせ
  • 資料ダウンロード

社食は弁当支給やデリバリーがおすすめ?メリットやデメリットをご紹介!

社食は弁当支給やデリバリーがおすすめ?メリットやデメリットをご紹介!

様々な社食の運営スタイルがありますが、最近はデリバリースタイルの人気が高まってきています。お弁当やデリバリーは社内に調理施設がなくても利用できるため、これから社食を取り入れたいと考えている企業には、理想的なサービスかもしれません。

今回は社食のデリバリーやお弁当についてご紹介いたします。社食の運営をするなら、メリットだけでなくデメリットも知っておくことが大切です。

社食をお弁当やデリバリーにするメリットとデメリット

まずは、社食を弁当支給やデリバリーにするメリットとデメリットを解説します。

● メリット

社食をお弁当やデリバリーにすることで、社員は昼食の時間を節約できるようになります。本来昼食をとろうと思ったら、外に出てコンビニに行ったり、飲食店を探したりしなければなりません。しかし、デリバリースタイルを取り入れておけば、社内で簡単に食事を済ませられるので、わざわざ外出する必要はありません。

さらに、導入コストが低めであるのもメリットの一つです。一から社員食堂を作ろうすると、設備投資や人件費が必要になりますが、弁当やデリバリーであればそういったコストの心配はいりません。

● デメリット

時間に制限がある点は、お弁当やデリバリーのデメリットといえるでしょう。食事が届けられる時間は前もって決められているため、その時間帯に社内にいなければ、食事を受け取ることができません。

また、食事の入った容器を回収してくれるサービスもありますが、自分たちで処分しなければならない場合もあります。デリバリーの空き容器でごみが溢れてしまう、ということにもなりかねません。

加えて、お弁当などは選べるメニューには制限があります。そのため、食事の内容に満足できないこともあるのではないでしょうか。「肉料理をしっかりと食べて午後に備えたい」「昼食はカロリーの少ない食事をとりたい」という風に、個人のスタイルや、その日の気分・体調によって社食に求めるものは異なります。お弁当やデリバリーのメニューには制限があるため、全ての社員の要望に応えることは難しいでしょう。

社食で使えるお弁当の種類

次に、社食で使えるお弁当を4種類ご紹介します。

● 仕出し弁当

注文を受けて配達するお弁当を、仕出し弁当といいます。配達するという点で、よく似た言葉に「出前」や「デリバリー」がありますが、仕出し弁当はこれらとは異なるものです。

出前やデリバリーは、注文を受けた後に調理し、料理を届けますが、仕出し弁当は即席に対応することができません。あらかじめ注文していた分を指定した日時に届けてもらえるのが、仕出し弁当です。

また、食べ終わった後の容器を回収してもらえる、店舗の営業時間外にも料理を配達してもらえる、といった点も仕出し弁当の特徴といえます。仕出し弁当は、ビジネスや冠婚葬祭の場面で利用されることが多いです。

● 宅配弁当

宅配弁当も仕出し弁当に似ていますが、厳密には異なります。両者の違いは、容器回収の有無と、提供される食事のジャンルです。宅配弁当の場合は、仕出し弁当と違って容器の回収はほとんどありません。お弁当を食べ終わった後は、容器の処分が必要です。

また、宅配弁当はあらゆるジャンルの料理を扱っています。和食や洋食、中華など、様々な料理を楽しむことが可能です。一方で仕出し弁当は、懐石料理やお寿司といった和食が中心となっています。

● ケータリング

ケータリングの大きな特徴は、現地で調理を行ってもらえる点です。お弁当は主にお店で調理が行われ、完成した料理が届けられます。それに対し、ケータリングは調理場所も指定できるので、現地の会場で調理し、出来たてを提供してもらうことができるのが大きな特徴です。

そして、ケータリングを利用した場合は、配膳や片付けも業者にお願いできます。調理以外のサービスも充実しているため、大きな会場でたくさんの来場者に食事を振る舞いたいときに役立つでしょう。

● オードブル

オードブルも社食で利用できる弁当の一つです。人が集まる際などに振舞われることが多く、円形のお皿に料理が盛られた料理のことをいいます。宅配弁当と同様、オードブルでは使い捨て容器に料理が盛り付けられているので、容器の処分は会社側で行わなければなりません。

オードブルは現在デリバリーサービスの一つとなっていますが、元々は、「洋食における前菜」という別の意味を持った言葉になります。正しい意味では、オードブルは料理が出される順番に関係する言葉なのです。

まとめ

社食を取り入れるなら、お弁当やデリバリーのような導入コストの低いサービスを利用するのが良いでしょう。特に、食事を社内で常備できる「オフィスプレミアムフローズン」のオフィスコンビニは、メニューが豊富でお得なサービスとなっているため、非常におすすめです。これから社食を取り入れたいと考えているなら、オフィスコンビニの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

(Visited 28 times, 1 visits today)
オフィスプレミアムフローズンサービスについてはこちら 記事一覧に戻る

オフィスプレミアムフローズンは健康的で安心・安全な食事を常備する法人向けサービスです。
大切な従業員への福利厚生・会社の食事補助制度としてご活用ください。

お問い合わせ 資料ダウンロード
0120-010-018
受付時間 9:00〜17:00(土•日及び夏期休暇•年末年始を除く)