0120-010-018
  • お問い合わせ
  • 資料ダウンロード

社員食堂の導入で健康経営を目指すならこれに注意!一緒に取り入れたい福利厚生サービスはある?

社員食堂の導入で健康経営を目指すならこれに注意!一緒に取り入れたい福利厚生サービスはある?

健康経営のために社員食堂を導入した場合でも、気を付けるべき点を知らなければ効果が実感できないことがあります。また、社員食堂の設置だけでは健康経営が難しいこともありますが、他のサービスと併用すれば健康経営を軌道に乗せることができるかもしれません。

社員食堂の導入によって健康経営を目指す際に注意すべき点と、社員食堂の設置と併せて行いたいサービスについてご紹介いたします。

社員食堂の導入で健康経営を目指すメリットとデメリット

社員食堂の導入で健康経営を目指すメリットとデメリットを、会社側と社員側に分けて見ていきます。

● メリット

<会社側のメリット>

会社側のメリットは、業績アップが期待できることです。

社員一人ひとりが健康に気を付けた食事を摂るようになると、医療費を削減できるだけではなく、病気による欠勤率の低下が期待できます。労働生産性が上がれば業績アップを期待できるので、会社側にも大きなメリットとなるでしょう。

<従業員側のメリット>

従業員側のメリットは、仕事に前向きになれることです。

食事がしっかりと摂れると、精神が安定し、生き生きと仕事に向かうことができます。また、欠勤率や離職率の低い会社に勤めていることが安心感へとつながり、ストレスフリーで働くことができます。

● デメリット

<会社側のデメリット>

会社側のデメリットは、コストがかかる一方で効果検証がしにくいことです。

社員食堂を設置する際の費用だけではなく、健康経営をするにあたって専門家を採用したり、データの収集や管理をしたりする費用がかかります。

その一方で、成果を具体的な数値で確認するのが難しいため、効果を実感しにくいことがあげられます。健康経営は、長期的に行うことが大切です。

<従業員側のデメリット>

従業員側のデメリットは、労働時間外の作業が増えることです。

健康診断や、ストレスチェック、アンケートの回答やセミナーへの参加など、作業が増える可能性があります。

健康経営を成功させるために注意したいポイント

健康経営を成功させるために注意したいポイントは、大きく分けて4つあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

● 即効性を求めない

健康経営を成功させるためには、即効性を求めないことが大切です。

健康経営は数値化が難しく、長期的な視点が必要になります。短期での成果を求めて社員に健康経営を強要してしまうと、労働環境の悪化やハラスメントにつながる可能性があるので注意が必要です。

● 社内での目標を考える

健康経営を成功させるために、社内での目標を考えると良いでしょう。

現時点での社員の欠勤率や長時間労働の状況、医療費内訳などを把握し、健康経営を取り入れてから何をどのように改善したいかを具体的に考えて取り組むことが大切です。

● 目標を数値化してスケジュールを組む

目標が決まったら、目標を数値化してスケジュールを組みましょう。

目標を数値化することで、効果を感じやすくなります。

全体目標の他に、中間目標や月ごとの目標を設置してスケジュールを組むことで参加しやすくなり、社員のモチベーションも高まるでしょう。

● 必ず評価を行う

健康経営を行ったら必ず評価をしましょう。

計画、実行、評価、改善のPDCAサイクルを回すと、次回の目標や改善点を効率よく見つけることができます。

社員食堂と併せて行いたい福利厚生のサービスとは 

社員食堂と福利厚生のサービスを併せて行うことで、健康経営の結果が出やすくなります。社員食堂を導入する際は、福利厚生サービスの見直しも行うと良いでしょう。

● 勤務時間や休暇を見直す

勤務時間や休暇を見直すことで、健康経営が円滑に行われます。

働き方を見直すことで、社員の運動の機会を増やせたり、リフレッシュ休暇でメンタルを安定させたりすることも期待できます。

仕事と私生活の調和が取れるので、欠勤率や離職率の低下につながるでしょう。

● 健康に関する教育セミナーの実施

健康に関する教育セミナーの実施で、社員の健康に対する興味や関心を引き出しましょう。

健康経営は社員の理解が必要となるため、健康への意識を強要してしまうと逆効果になります。

社員に自ら健康に気を付ける習慣を身に着けてもらうためにも、定期的に専門家によるセミナーを行うのがおすすめです。

● モチベーション維持の工夫

健康経営をするにあたって、社員のモチベーションを維持させる工夫が必要です。

目標を達成した社員にはポイントや景品を贈呈することで、目標達成によるメリットが明確化されます。

努力の結果が評価されると、社員のモチベーションは高まるでしょう。

まとめ

このように健康経営を目指すことは、社員の健康や精神を安定させることができるだけでなく、業績アップにもつながります。健康経営を目指すため、社員食堂の導入を考えている方には、「オフィスプレミアムフローズン」のオフィスコンビニがおすすめです。1品100~200円と手頃な価格でメニューも豊富なうえ、簡単に利用することができます。社員食堂の導入で健康経営を目指す際には、ぜひオフィスコンビニの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

(Visited 34 times, 1 visits today)
オフィスプレミアムフローズンサービスについてはこちら 記事一覧に戻る

オフィスプレミアムフローズンは健康的で安心・安全な食事を常備する法人向けサービスです。
大切な従業員への福利厚生・会社の食事補助制度としてご活用ください。

お問い合わせ 資料ダウンロード
0120-010-018
受付時間 9:00〜17:00(土•日及び夏期休暇•年末年始を除く)