0120-010-018
  • お問い合わせ
  • 資料ダウンロード

病院に社食は必要?必要性やポイントについてご紹介!

病院に社食は必要?必要性やポイントについてご紹介!

病院には医師や看護師だけでなく、事務職などさまざまな人が勤めています。

それぞれ勤務体制や時間帯が異なるため、食事はいつでも摂取できるようにしておくことが病院勤務の人々にとって大きな助けになります。

しかし、病院によっては社食だけでなく売店もないというケースは珍しくありません。

今回は病院に求められる社食についてご紹介いたします。

病院に勤務する人たちの食事事情

病院に勤務する人たちの仕事はとてもハードですが、食事事情はどのようになっているのでしょうか。

● 休憩時間の確保が難しい

とにかく忙しいため、規定の休憩時間をフルで取得することは難しいのが現状です。休憩時間を十分に確保できないため、移動時間を必要とする外食の機会はほぼ皆無といえます。

● 食事が摂れないことがある

休憩時間中においても患者対応や雑務に追われるのが当たり前になっています。お腹が空いている場合や、休憩を取りたいと思っている場合でも、スケジュールによっては食事さえ摂取できないというケースも珍しくありません。

● とにかく早く摂取できることが求められている

限られた時間の休憩においても、緊急時の対応を求められるケースがあります。そのため、食事は空腹を満たすことが優先され、栄養バランスは二の次になってしまいがちです。

● 食事メニューのマンネリ化

忙しいとメニューを考える時間さえ面倒に感じてしまうことがあります。そのため、毎回似たような食事になり、メニューに飽きを感じてしまうことも少なくありません。この状態が続いてしまうと食欲がわかず、食事を楽しいと思えなくなり、食べなくてはいけないとわかっていても食事を摂取できないということが起こります。

病院に社員食堂を導入するメリット

病院に社員食堂を導入することでどのようなメリットが得られるのでしょうか。

ここでは、4つのメリットを具体的に紹介します。

● 短時間で食事が摂れる

病院内に社食があると食事のために外出する必要がなくなるため、移動時間が削れて休憩時間を有効活用できます。リラックスした気持ちで食事を味わえたり、余った時間を休養に充てたりできるほか、軽い運動をする、仮眠を取るなど、各々にリフレッシュすることが可能です。

また、いつでも病院内にいることができるので、緊急時の対応も取りやすくなります。

● コミュニケーションの場になる

食事中は会話も弾みやすく、仕事やプライベートの話も気軽にできるので、社食はスタッフ同士の交流の場としてふさわしい場所です。いつも緊張感のある場面で仕事をする人にとって憩いの時間になります。

社食での会話で仲間とコミュニケーションが深まり、より円滑な業務につながることが期待できるでしょう。

● 食生活の改善

病院で勤務している人の中には、忙しくて体調管理すらままならないという人も多いようです。

社食を活用することで偏りがちな栄養バランスを改善し、健康的な体と心で仕事に励むことができます。

● 福利厚生になる

食事は毎日とるものであるため、食事に関する補助や手当があると非常に助かりますよね。マンパワーグループが行なったアンケートでは、福利厚生に社食を求めている人が約3割にも上ることがわかっています。

福利厚生の一環として病院に社食を取り入れれば、病院の魅力がアップすることは間違いありません。求人応募が増えたり、スタッフの定着率を上げたりする効果も期待できるでしょう。

病院に向いている社員食堂とは

では、病院に向いている社員食堂とはどのようなものなのでしょうか。

ここからは、病院に向いている社員食堂のポイントを3つ紹介します。

● 時間帯に関係なく利用できる

深夜・早朝・夜勤など、さまざまなシフト形態がある病院において、特に重要なのが利用時間の幅広さです。就業時間中に休憩を取るタイミングは人それぞれであるため、いつでも好きなときに利用できる社食が必要とされています。

● 短時間で用意できるもの

休憩中も時間との勝負であるため、提供に時間がかからないことも重要なポイントです。利用する人にとっては、調理してあるものをレンジで温めてすぐに食べられるような体制が整っていることが理想です。

忙しいときでも気軽に利用できる社食は病院に向いており、利用者の満足度も高くなります。

● 豊富なメニューがあること

社食サービスを利用してもらうにあたって、食事を楽しいと思ってもらうことも大切です。豊富なメニューがあれば飽きることがなく、疲れていても食欲がわき、食事が仕事の活力になります。

また、栄養バランスを改善できたり、その日の体調によってメニューを選ぶことができたりすれば健康維持にもつながります。

まとめ

病院の社食は、時間の融通がきくこと、短時間で摂取できること、バランスのよいメニューがあることなど、普通の企業よりも柔軟性が必要になります。病院に社食の設置をご検討されている場合は、導入費用の負担も少ない、オフィスプレミアムフローズンのオフィスコンビニをぜひご検討ください。

(Visited 31 times, 1 visits today)
オフィスプレミアムフローズンサービスについてはこちら 記事一覧に戻る

オフィスプレミアムフローズンは健康的で安心・安全な食事を常備する法人向けサービスです。
大切な従業員への福利厚生・会社の食事補助制度としてご活用ください。

お問い合わせ 資料ダウンロード
0120-010-018
受付時間 9:00〜17:00(土•日及び夏期休暇•年末年始を除く)