0120-010-018
  • お問い合わせ
  • 資料ダウンロード

工場で社食を導入する方法は?限られたスペースでも導入できる?

工場で社食を導入する方法は?限られたスペースでも導入できる?

工場は場所にもよりますが、新たに社食を設置しようと思っても建物の構造によって難しいことがありますよね。社員の快適な労働環境を整えるためにも、新たに社食を導入したいと考えている場合には、どうすればよいのでしょうか。

今回は工場に社食を導入する方法をご紹介します。

工場でよくある食の問題

工場勤務の人にとって食事環境に関する問題は、悩みの一つなのではないでしょうか。

そこで、工場勤務の人達の食事環境の問題点について解説します。

● 立地の問題

オフィス街に比べ、工場周辺の立地によっては、飲食店だけでなくコンビニエンスストアすらないということも珍しくありません。

飲食店がある場合も、深夜や早朝など勤務形態がシフト制になっている場合は、24時間営業の飲食店でなければ対応できないため、飲食店での食事は難しいでしょう。

● 人が集中しやすい

多くの人が勤務する工場の場合、ほとんどの人が同じ時間帯に休憩時間に入ります。そのため、近くに飲食店やコンビニエンスストアがあったとしても、食事を求める従業員で混雑してしまう可能性が高いでしょう。

せっかくの休憩時間なのにリフレッシュするどころか、逆に疲れてしまうということにもなりかねません。

● 食事メニューや栄養の偏り

工場勤務に限らず、オフィス街でも起こりやすい食事の問題が、「いつも同じメニューを食べてしまう」「栄養の偏りが気になる」です。

コンビニエンスストアで販売されているお弁当は基本的に塩分やカロリーが高いため、毎日食べ続けていると、肥満だけでなく成人病につながりやすいというリスクもあります。

工場で社食を導入するには

工場内で食事環境を改善するためには、どのような選択肢があるのでしょうか。

● 適した提供方法

最もポピュラーな方法としては、社食の導入が挙げられます。

社食があれば工場内で手軽に食事を済ませられるので、休憩時間中にわざわざ外出する必要がありません。食事を済ませた後の休憩時間ものんびり過ごせるというのは、働く人にとって大きな魅力になるでしょう。社員食堂を設置する手間やコストをかけられない場合は、従業員へお弁当を支給するという方法も有効的な手段です。お弁当を支給するのであれば、社食用のスペースを確保する必要もなく、外注することで運営の手間やコストを削減することもできます。

しかし、お弁当が注文可能な時間や配達時間を考慮すると、不規則な勤務シフトが多い工場の場合、全従業員が利用可能かどうかを慎重に考えなければなりません。そういった不規則な勤務シフトの工場や、不便な場所に工場がある場合に活躍するのが、オフィスコンビニなどのサービスとなります。

オフィスコンビニとは、食品などの販売設備を無人で行うサービスのことで、コンビニエンスストアのように、24時間いつでも好きな食べ物を購入できるのが特徴です。

● オフィスコンビニのメリット

オフィスコンビニを導入するメリットは、勤務形態の不規則なシフトにも柔軟に対応でき、社食のために新たな人員を確保する必要がない点です。

また、それぞれの好みに合った食事や、栄養バランスの良い食事を摂ることもできます。商品の補充も定期的に行われるため、フレッシュな野菜や旬のフルーツなど、季節を感じられるようなお弁当やお惣菜を手軽に楽しめます。そのため、栄養の偏りや食事のマンネリ化を防止することも可能です。

工場勤務で重要な栄養素

体が資本の工場勤務の方にとっては、疲労の蓄積が最大の敵です。疲れにくい体を作るためにも、必要な栄養素をしっかり摂取するようにしましょう。

● ビタミンB1

疲れにくい体を作るためには1日3食はもちろん、バランスの良い食事を摂ることも重要です。

その際に、大切な栄養素の一つがビタミンB1です。糖質をエネルギーに変え、疲れやだるさを取る働きをしてくれます。肉体を酷使することも多い工場勤務の場合、エネルギーを活発に消費していることから、ビタミンB1が不足しがちです。疲れない体を作るためにも、ビタミンB1を多く含む豚肉やレバー、キノコ類、枝豆などを積極的に摂るように心がけましょう。

● ビタミンB2

ビタミンB1と同じような効果を発揮する栄養素が、ビタミンB2です。

糖質や脂質、たんぱく質などを体内でエネルギーに変換するなど、代謝を助ける重要な役割を持っています。ビタミンB2は、うなぎ、レバー、卵、納豆、乳製品、葉菜類等に多く含まれています。水溶性のビタミンB2は、水や煮汁に流れ出やすいという傾向があるため、洗いすぎには注意しましょう。

● 炭水化物

炭水化物=糖分は、脳の大切なエネルギー源であり、運動をはじめとする肉体の疲労を回復させるために欠かせない栄養素です。消化吸収の良い炭水化物を上手に補給すると、疲労回復を促進してくれるため、普段から積極的に食べるように心がけましょう。炭水化物は、ご飯、パン、麺類などに多く含まれるので、1日3回しっかり食事を摂るだけで手軽に補給できます。

まとめ

職場の食事環境を改善するためには様々な方法がありますが、工場という特殊な勤務形態に対応するには、オフィスコンビニサービスの利用がおすすめです。「オフィスプレミアムフローズン」は、安心・安全・美味しさにこだわった食事を、24時間いつでも手軽に楽しめるオフィスコンビニサービスです。大切な従業員の健康を守るために、「オフィスプレミアムフローズン」を試してみてはいかがでしょうか。

(Visited 22 times, 1 visits today)
オフィスプレミアムフローズンサービスについてはこちら 記事一覧に戻る

オフィスプレミアムフローズンは健康的で安心・安全な食事を常備する法人向けサービスです。
大切な従業員への福利厚生・会社の食事補助制度としてご活用ください。

お問い合わせ 資料ダウンロード
0120-010-018
受付時間 9:00〜17:00(土•日及び夏期休暇•年末年始を除く)