0120-010-018
  • お問い合わせ
  • 資料ダウンロード

【コロナ禍の昼食】社食ならコロナ禍に外食せずランチタイムが楽しめる

【コロナ禍の昼食】社食ならコロナ禍に外食せずランチタイムが楽しめる

寒くなるにしたがい、感染拡大が危ぶまれる新型コロナウイルス。
不要不急の外出を避けるよう要請が出されていますが、会社勤めをする方のなかには昼食のために外出するという方も多いかと思います。
今回はランチタイムの外食で新型コロナウイルスの感染リスクを下げるための対策や、オフィスコンビニを導入するメリットについてご紹介いたします。

ランチタイムの社食で新型コロナウイルスの感染リスクを下げるには?

新型コロナウイルスの感染拡大が急速に進んで収束が見通せない中、多くの方がランチタイムをどのように過ごしたらいいだろうと悩んでいるのではないでしょうか。
新型コロナウイルスについてはまだまだ分からないことがたくさんありますが、感染リスクを避けるためには以下の点に気をつけることが大切とされています。

  • 混雑時の利用を避ける
  • 多くの企業がランチタイムを正午から午後1時の間に設定するため、この時間帯に飲食店を訪れると混雑しています。
    混雑した店内は密集した空間になりやすく、感染リスクは高くなってしまいます。
    そのため、ランチの時間を混雑する時間帯を避けた時間に変更したり、テイクアウトにして密を避けた場所で食べたりすると感染リスクを抑えられるでしょう。

  • 間隔を空けて座る
  • 一般的に、ウイルスは飛沫または接触によって感染すると言われています。
    そのため、閉鎖した空間で多くの人と近距離で会話をするのは、咳やくしゃみの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。
    隣の人と間隔を空けて座ることによって、いくらか感染リスクを抑える努力ができます。 厚生労働省の呼びかけでは、「飲食店の座席では隣の人と一つ飛ばしに座る」「真向かいに座らず、互い違いに座る」ということを推奨しています。

  • 手を消毒する/洗う
  • ウイルスを体内に入れないためには手の消毒や手洗いが基本です。
    ウイルスは皮膚からではなく、目や鼻などの粘膜に付着して体内に入り込みます。手にウイルスが付着した状態で無意識に粘膜を触ってしまうと、体内にウイルスを侵入させるきっかけとなります。石鹸を使った手洗いや、手指消毒用のアルコールを使った消毒をし、ウイルスの感染力を失わせるようにしましょう。

  • 食事前後でマスクを交換する
  • マスクを着用することによって、ウイルスの吸入量が減少するとされています。
    しかしながら食事をするときにはどうしてもマスクを外さなければなりません。
    マスクを外すことによって、ウイルスが付着してしまう可能性もあるので、食事が終わったあとは、新しいマスクに変えるということも予防に繋がります。

  • お弁当を持参して自分の席で食べる
  • ランチタイムに外出せず、家から持参したお弁当を食べるという方法もあります。
    外出して不特定多数の人と接するという機会が少なくなるので、有効な対策でしょう。 ですが、朝にお弁当を用意する時間がとれない人には、作ることが負担になってしまいます。

    コロナ禍のランチにオフィスプレミアムフローズン

  • オフィスコンビニならコロナ禍でも利用しやすい
  • オフィスコンビニとは、お惣菜やスイーツ、ドリンクなどが入っている冷凍庫を社内に設置して自由に利用できる社食サービスのことです。 オフィスコンビニを利用することで、コロナ禍でも3密や外出を避けて食事を摂ることができます。
    以下にメリットを挙げていきますので見ていきましょう。

    <お弁当の負担を減らす>
    コロナ禍でお弁当を持参する人は増えてきているようですが、先述したとおり人によっては負担が大きくなってしまいます。
    オフィスコンビニなら栄養バランスやカロリーが考えられたメニューから選ぶことができて、値段も安く利用することができます。

    <社内の食堂の利用回数が減らせる>
    社内に食堂がある場合、外出してランチを摂るよりも社員食堂を利用しようと考える人も増えるでしょう。ですが、コロナ禍においては社員食堂が3密空間になってしまう場合もありえます。
    またこれから社食を導入しようとしても、初期費用や人材確保にコストが多大にかかってしまうため、すぐに導入することは難しいかもしれません。
    オフィスコンビニは、冷凍庫と電子レンジが設置できるスペースがあれば導入できます。いつでも利用できるので、密集を避けて人が少ないときなど時間をずらして利用することもできます。

    <ランチタイムに外出する必要が無い>
    外出自粛が要請されていたり、密集した空間にはあまり出かけたくないという人も増えてきたりしています。特に、オフィス街はランチ時間が重なり、混み合ってしまいがちです。
    オフィスコンビニなら外出する必要がなく、自席でも休憩室でも会社の中で食事を摂ることができます。お金を代金箱に入れて冷凍庫から好きなものを取り出し、電子レンジで温めるだけという手軽さです。

    <安全性の高いメニューだから従業員の満足度が高い>
    食事は毎日必要なものですから、栄養バランス以外に合成添加物や遺伝子組み換え食品の使用なども気になりますよね。
    オフィスコンビニのオフィスプレミアムフローズンなら栄養バランス・カロリーをきちんと考慮したメニュー作りがされているだけでなく、化学的合成添加物不使用で安全性が高く、従業員の満足度も高くなります。
    健康でおいしい食事はモチベーションアップにも繋がり、会社の生産性向上も期待できるのではないでしょうか。


    コロナ禍でランチタイムに外出することは感染リスクを高めてしまいます。できることなら外に出ることは避けたいという方が増えてきています。
    オフィスコンビニのオフィスプレミアムフローズンなら、外に出ることなく、安心でおいしい栄養価の高い食事を摂ることができます。
    食事に関する福利厚生の導入をお考えの方は、ご紹介したオフィスコンビニの検討を視野に入れてみてはいかがでしょうか。


    (Visited 131 times, 1 visits today)
    オフィスプレミアムフローズンサービスについてはこちら 記事一覧に戻る

    オフィスプレミアムフローズンは健康的で安心・安全な食事を常備する法人向けサービスです。
    大切な従業員への福利厚生・会社の食事補助制度としてご活用ください。

    お問い合わせ 資料ダウンロード
    0120-010-018
    受付時間 9:00〜17:00(土•日及び夏期休暇•年末年始を除く)