0120-010-018
  • お問い合わせ
  • 資料ダウンロード

ランチ代いくら?「社食の値段が安い理由」と、比較して分かった無駄を省いた社食経営

ランチ代いくら?「社食の値段が安い理由」と、比較して分かった無駄を省いた社食経営


昼食代は節約されやすい出費の一つで、アンケートによると多くの方が「1日500円まで」と決めているようです。
少しでも昼食の費用を削ろうとすると、栄養バランスが偏ったり満足感が得られなかったりとデメリットが多く、長年不摂生を続けた結果、体調に影響が出てしまうなど良くない結果を招いてしまうこともあります。
健康的な経営を目指す経営者の方にとって、従業員の健康は大切にしたいですよね。昼食の費用が節約できて栄養バランスや満足感を満たしてくれる置き型社食サービスを利用してみませんか。置き型社食サービスは無駄を省いた運営だから企業も従業員も大満足です!

1回の昼食の値段

・昼食の値段ランキング
【1位】300~500円
ランチにお金を掛けたくないという意見や、コンビニでパンやおにぎりと飲み物を購入するとこれくらいの金額になるという意見が多くあります。ほかに、お得なワンコインのお弁当を購入しているという意見もあります。

【2位】700円まで
ある程度しっかり食事を摂りたいという方に多いようです。外食で500円以下のランチは難しく1,000円を超えると高いので間をとっているという意見もありました。500円のワンコイン弁当との飲み物を購入すると700円ほどになります。

【3位】1,000円まで
ファストフードやラーメン、定食などで昼食をとる場合は1,000円以下を目安にしている方が多いようです。栄養バランスを気にしている場合、定食などはこれくらいかかるという意見が多くありました。

・外食と社食の値段を比較すると…
<外食一回分の値段>
一般的に外食の値段はファストフードやラーメンなどで800円以下、飲食店の場合はそれなりにしっかりした食事を摂ると1,000円を超えてしまうことも少なくありません。
コンビニで購入する場合も飲み物とお弁当などを購入すると800円近くかかることがあります。

<社食一回分の値段>
社食の平均的な金額は500円前後となっており、ワンコイン以下で昼食が摂れることも少なくありません。外食に比べると非常にリーズナブルですね。

社食の値段が安い理由


・福利厚生の一環
多くの企業は社食を福利厚生の一環として導入しています。健康経営を目的に、従業員の健康管理を行うために社食を導入しているという企業もあります。健康経営は経済産業省が企業の認定制度を設けていることもあり、社食を取り入れることで優良な企業として認知されやすく、人材募集や金融機関の融資で有利になることがあります。

・廃棄ロスが少なく営業時間が短い
一般的な飲食店と違い、社食は従業員が頻繁に利用する間しか営業していません。また飲食店よりもメニュー数が限られている分、仕入れる材料が少なく済みます。よって材料が余りにくく、食材のロスを軽減させることができます。

・社食は企業側のメリットが大きい
<社内コミュニケーション>
仕事中は同じチームのメンバーや席が近い人としか交流できないということが多いですよね。同じ職場にいても席が遠かったり業務内容が異なったりすると話す機会が少なく、お互いの状況や業務内容の把握にも時間がかかります。 しかし、社食を導入することで会話のきっかけが生まれ、新しいアイディアの発見や仕事の円滑化に繋がります。

<従業員の健康増進>
社食があることで従業員は昼食の負担が減り、企業は人材確保の大きな助けになるほか、離職率を下げることが期待できます。昨今、多くの企業が人材不足に嘆いていますが、社食を導入することで健康経営に取り組んでいる、従業員を大切にする優良な企業だとアピールすることができます。

<従業員満足度の向上>
福利厚生の満足度トップには社食や昼食補助がランクインしています。全ての従業員が利用でき、昼食代を長期的に節約できる社食は、非常に満足度が高い福利厚生であることが分かります。

<企業イメージの向上>
人気が高い福利厚生である社食は企業イメージアップにも大きく貢献します。企業のブランディングとして活用することも効果的といえます。

無駄を省いて社食を運営する方法


企業と従業員の双方にメリットがある社食ですが、導入するなら少しでも無駄を省いた経営を望みますよね。

・社食経営の維持は難しい?
社食を導入したとしても、利用されなければ意味がありません。導入しても利用率が低い場合は原因をリサーチする必要があります。
一般的に、社食が利用されない原因として、味、メニュー数、価格、栄養バランスなどが挙げられます。

・社食利用率の低下を防ぐには?
社食の利用率低下を防ぐには従業員のニーズに応えることが重要です。

<従業員が社食に求めるもの>
①値段
値段は食事内容を左右するポイントです。どれだけ味が良くて栄養バランスに優れていても、値段が高ければ頻繁に利用するのは難しいと感じてしまいます。従業員が「毎日利用しても出費の負担が少ない」と感じる値段設定が重要です。

②外出の手間が減る
限られた時間内に外出して昼食を摂るのは忙しいと感じる方も多くいます。
十分な休憩時間を確保するためにも、できるだけ短い時間で食事を済ませたいという希望に沿うのは大きなポイントです。

③忙しいときでもすぐに食べられる
忙しいときは食事をする時間すら勿体ないと感じる方もいるでしょう。調理や提供時間が長いと利用率が減ってしまいます。すぐに提供できるメニューを用意しておくことも必要です。

ほかにも社食経営には様々なことを考える必要があります。スムーズに展開するのが難しそうなときは、手軽に始められる置き型社食サービスを検討してみませんか。

置き型社食サービスのオフィスプレミアムフローズンは、化学的合成添加物を使用していません。安全性が高いうえに1品あたり100円から200円と非常にリーズナブルです。
メニューが豊富なうえ、期間限定メニューも登場するので、飽きることなく社食を楽しむことができます。
冷凍庫から好きなメニューを取り出し、代金箱にお金を入れたら電子レンジで加熱するだけなので外出する手間や時間はほとんどかかりません。必要な備品はすべて貸し出されます。省スペースで始められるので、企業規模に関係なくご利用いただけます

(Visited 32 times, 1 visits today)
オフィスプレミアムフローズンサービスについてはこちら 記事一覧に戻る

オフィスプレミアムフローズンは健康的で安心・安全な食事を常備する法人向けサービスです。
大切な従業員への福利厚生・会社の食事補助制度としてご活用ください。

お問い合わせ 資料ダウンロード
0120-010-018
受付時間 9:00〜17:00(土•日及び夏期休暇•年末年始を除く)