0120-010-018
  • お問い合わせ
  • 資料ダウンロード

充実した社食のメニューとは?さまざまな面からポイントをチェック

充実した社食のメニューとは?さまざまな面からポイントをチェック

健康経営や福利厚生の一環として、社食を導入したいと考える企業も多いのではないでしょうか。メニューが充実している社食サービスを導入することは社員の満足度を高めることに繋がります。しかし、何をもってしてメニューが充実していると言えるのでしょうか。

今回は、充実した社食メニューのポイントについて、さまざまな面から紹介いたします。

社食のメニューが充実している事のメリット

まずは2つのメリットについてご紹介いたします。

・健康に気を遣うことができる
ここ数年、健康に対する意識が高まり、お腹を満たすだけでなく栄養バランスの整った食事メニューが重視されるようになりました。健康を意識した食事を続けようとすると、手作り弁当を持参したりメニューの豊富な外食を利用したりといった手段が適当です。
ですが、毎日弁当を手作りするのは大変ですし外食はコストがかさみます。
社食には「メニューが充実している」「栄養バランスの整った食事が摂りやすい」というメリットがあるので、忙しい時でも栄養バランスを考慮した食事を摂ることができます。

・社員の満足度が高い
どれだけ安くて栄養バランスが考慮された社食であっても、選択肢がなければ社員のモチベーションは低下するでしょう。
メニューが豊富なら、「今日はどんな食事をしよう」と食に対する興味がわき、飽きずに食べることができます。また選ぶ人の好みやニーズにマッチしやすいというメリットも生まれます。豊富なメニューは社員の食事への満足度やモチベーションを高める重要なポイントの1つといえます。

社食のメニューを充実させるポイント

社食のメニューを充実させるために考えたいポイントが4つあります。

・コスト面
社食のメニューを充実させる際、最もネックになるのがコストではないでしょうか。
新メニューのための食材費だけでなく調理をする人の人件費、水道光熱費、備品購入費、場合によっては新たに設備を導入する必要があるかもしれません。予算から「どのようなメニューであれば提供し続けられるか」を慎重に考えることが大切になります。

・摂取カロリーを計算
社員数の多い企業では様々な年代の社員が働いており、1日に必要な摂取カロリーは年齢や性別、業務内容によって異なります。
昼食に適切な摂取カロリーは、全社員の1日の総摂取カロリーの合計から平均値を割り出し、おおよそ35%になるよう設定しましょう。その際、年齢、性別、業務内容で分類し、どのようなメニューであればカロリーが十分摂取できるかを考えましょう。

・栄養面を考える
食事は基本的に、主食・主菜・副菜の3つで構成します。
主食はご飯、麺類、パンなどの炭水化物を多く含むもの、主菜は魚介類や肉などタンパク質が豊富なもの、副菜には野菜や果物といったビタミンやミネラルが補えるようなメニューが理想的です。社食でも3つの構成バランスを考え、必要な栄養素が摂れるメニューにしましょう。

・旬を考える
社食のマンネリ化を防ぐ手段として、旬の食材を使ったメニューづくりがおすすめです。
旬の食材は栄養価が高く、食事から季節を感じることができるため、栄養面はもちろんマンネリ化の防止に大いに役立ちます。また、旬の食材は収穫量が多く、購入コストを抑えることができるため、戦略的な社食運営には欠かせない存在といえるでしょう。

充実した置き型社食サービス オフィスプレミアムフローズン

社食のメニューを充実させたいと考えていても、企業の規模やオフィスのスペース的に難しいこともありますよね。そこでおすすめなのが、「置き型社食サービス」です。

・高品質
置き型社食サービス(オフィスプレミアムフローズン)は化学的合成添加物を使用せず、また食品パッケージには人体に優しい素材を採用するなど健康について多方面から配慮されています。

・豊富なメニュー
主菜や副菜だけでなく野菜ジュースなどの取り扱いもあるため、気分転換やちょっと小腹が空いた時に利用しやすいのが特徴です。メニューは定番から期間限定などバラエティ豊かで飽きにくく、いつもおいしい社食を手軽に食べることができます。

・低コスト
置き型社食サービス(オフィスプレミアムフローズン)の大きなメリットとして「低コスト」が挙げられます。
1品100~200円程度なので、持参した昼食が少ないときや栄養バランスを整えたときなど気軽に購入できます。

・利用しやすい
置き型社食サービス(オフィスプレミアムフローズン)は冷凍状態の食品を電子レンジで温めるだけの手軽さが人気です。
専用の冷凍庫と電子レンジをオフィスの空いたスペースに設置するだけなので、一般的な社食のように大きな食堂や調理施設は不要です。導入に必要な初期負担がなく、月額料金払いなので企業規模を問わずに導入できるという魅力があります。

置き型社食サービス(オフィスプレミアムフローズン)であれば、冷凍庫と電子レンジを設置するだけでいつでもおいしい社食を手軽に食べることができます。充実した昼食メニューを選択するなら、低コストで安心して食べられる美味しい置き型社食サービスがおすすめですよ!

(Visited 54 times, 1 visits today)
オフィスプレミアムフローズンサービスについてはこちら 記事一覧に戻る

オフィスプレミアムフローズンは健康的で安心・安全な食事を常備する法人向けサービスです。
大切な従業員への福利厚生・会社の食事補助制度としてご活用ください。

お問い合わせ 資料ダウンロード
0120-010-018
受付時間 9:00〜17:00(土•日及び夏期休暇•年末年始を除く)