0120-010-018
  • お問い合わせ
  • 資料ダウンロード

健康経営に取り組むメリットとデメリット~中小企業の健康経営の取り組み~

健康経営に取り組むメリットとデメリット~中小企業の健康経営の取り組み~

政府主導による健康経営優良法人認定制度が開始され早5年が経ちます。
これまで多くの法人が健康優良法人の認定を受けてきましたが、制度をより広めるためには中小企業の参加が必要といえます。
そこで今回は、健康経営の取り組むことでどのようなメリットとデメリットがあるのかご紹介いたします。

健康経営の取り組み「企業側のメリットとデメリット」

健康経営の取り組みは企業側に多くのメリットを生み出しますが、デメリットもあります。それぞれどのようなことかを把握し、社内の環境に合うように日々改善しながら取り組んでいきましょう。

  • 企業側のメリット
  • 健康経営の企業側の最大のメリットは、会社の業績が向上することです。
    一人ひとりが健康に気を遣うようになると、従業員の健康問題が解消され、体だけではなく、メンタル面も健康になります。
    疲労が溜まっているときよりも前向きな気持ちで仕事に向かうことができ、仕事への集中力が増して、ミスが少なくなります。生産性が高まるので、業績の向上が期待できるでしょう。
    また、従業員の心と体に余裕が出てくると、会社の雰囲気が良くなり、離職率が低下して新しい人材が確保しやすくなります。人手不足が解消できるので、さらに健康な会社へと成長させることができるのです。

  • 企業側のデメリット
  • 健康経営の企業側のデメリットは、効果が見えづらいことです。
    健康経営の結果を具体的に数値化するのが難しく、仮に離職率や欠勤率が低下しても、従業員の健康と関係しているとは一概には言えません。健康の専門家への委託や、従業員のデータ収集と管理にコストがかかりますが、そのリターンを感じづらい面があります。
    健康経営は、長期的な継続によってメリットを感じやすくなるので、地道にデータを収集して進めていくことが大切です。

    健康経営の取り組み「従業員側のメリットとデメリット」

    健康経営は企業だけではなく、従業員側にもメリットとデメリットがあります。
    従業員の働き方や要望に合わせて健康経営を進めていくことが大切です。

  • 従業員側のメリット
  • 健康経営の従業員側の最大のメリットは、仕事環境が良くなることです。
    健康に気を付けると、肉体的にも精神的にも安定することができ、毎日生き生きと働くことができます。
    仕事のパフォーマンスが向上すると、自信やモチベーションが高まり、仕事に充実感が得られます。

  • 従業員側のデメリット
  • 健康経営の従業員側のデメリットは、業務時間外の拘束です。
    従業員の健康状態を把握するため、定期健康診断やストレスチェック、産業医との個別面談や企業独自のイベント・セミナーへの参加などを求める必要があります。
    従業員の不満につながる場合もあるので、しっかりと説明をして了承を得るようにしましょう。

    中小企業こそ健康経営の取り組みが必要

    健康経営は大企業よりも、中小企業の取り組みが必要です。その理由を見ていきましょう。

  • 中小企業が健康経営に取り組むべき理由
  • 中小企業が健康経営に取り組むべき大きな理由の1つは、人材の確保です。
    中小企業は、例年求人数に比べて応募者が少なく、人手不足が深刻化しています。
    健康経営をすることによって離職率が低下し、定職率がアップするので、人手不足の解消に繋がります。また、健康経営は企業の強みになるので、新卒や中途採用者にアピールをすることによって、新たな人材を確保できます。
    人手不足に悩まされている企業ほど、健康経営を取り入れた方が良いでしょう。

  • 中小企業部門 ブライト500
  • 中小企業ブライト500とは、特に優良な健康経営を実践している上位500の中小企業に与えられる称号です。
    経済産業省が毎年提示している評価項目をクリアした後に申請をすると、認定を受けることができます。ブライト500に認定されると、経営的な視点で従業員の健康管理を考えながら取り組んでいる法人として企業のイメージアップとアピールに繋がります。

  • 中小企業が健康経営を取り入れるには
  • 中小企業が健康経営を取り入れる3つのコツをご紹介します。
    1つ目は、労働時間を見直すことです。
    長時間労働や残業が減ると、従業員の体と心の負担が減り、健康リスクが低下します。
    厚生労働省によって月100時間以上、2~6か月の平均で80時間以上の時間外または休日労働は病気の発症リスクとの関連性が高くなると認められているので、守るようにしましょう。

    2つ目は上層部から健康経営を取り入れることです。
    中小企業は、上層部と一般社員との距離が近いため健康習慣をすぐに広めることができます。率先して残業時間を減らしたり、定期的に健康診断を受けたり、運動を取り入れたりすると良いでしょう。

    3つ目は、福利厚生を作ることです。
    従業員が自ら率先して健康に気を配れるように、フィットネスジムの割引や禁煙手当など企業に合わせた福利厚生を作ると良いでしょう。


    オフィスプレミアムフローズンは、健康経営を目指す会社の味方として、オフィスコンビニを展開しています。
    化学的合成添加物や主原料に遺伝⼦組換え⾷品を使⽤していないので安心してお召し上がりいただけます。
    安心で安全、なおかつおいしい、そんなこだわった食事をいつでも食べられる、新しい福利厚生をぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。


    (Visited 50 times, 1 visits today)
    オフィスプレミアムフローズンサービスについてはこちら 記事一覧に戻る

    オフィスプレミアムフローズンは健康的で安心・安全な食事を常備する法人向けサービスです。
    大切な従業員への福利厚生・会社の食事補助制度としてご活用ください。

    お問い合わせ 資料ダウンロード
    0120-010-018
    受付時間 9:00〜17:00(土•日及び夏期休暇•年末年始を除く)